急性ストレス障害.com » カイロプラクティックと保険

カイロプラクティックと保険

カイロプラクティックとは、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立された代替医療のひとつです。代替医療とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」という意味で使われていて、「補完医療」や「相関医療」とも呼ばれています。

「要するに医療じゃないじゃん」とか、「じゃあ保険も効かないんですね」、という印象を持たれるかもしれません。

日本においては、カイロプラクティックを扱う者を「カイロプラクター」などと呼んでますが、実際には、現段階では日本国内においてカイロプラクティックは未法制化となっています。

要するに、カイロプラクターを名乗るのに資格が必要ないために、カイロプラクティックの専門学校で知識を正しく習得した者(教育基準はカイロプラクティックが法制化されている外国の学校やWHOの定めたガイドラインに従っている場合が多い)や、独学で学んだ者、ちょっとかじった者、全く何も知らない素人まで、「誰でも」カイロプラクターを名乗ることが可能となっています。

これは、代替医療とはいえ、人間の身体を扱う以上、「危害を及ぼさない」ことが大前提となっているため、素人の浅知恵でカイロプラクティックを扱うことは非常に危険です。

しかし、一方でWHOでもガイドラインが出されているように、外国では評価を得ている場合が多いのも事実で、その教育基準にのっとった教育を受ければ、ちゃんとしたカイロプラクターになれます。また、保険に関しても医師の同意書(診断書)があれば適用することは可能です。

カイロプラクティックで扱われている症状で、適用できる可能性があるものは、「骨折」、「脱臼」、「捻挫」、「ぎっくり腰」、「関節の痛み」などです。要するに、大雑把に「症状」と見られるものに関しては、適用できる可能性があります。