急性ストレス障害.com » 筋肉痛をストレッチで緩和する方法

筋肉痛をストレッチで緩和する方法

久々に運動してみたら、次の日に体に痛みが…そもそも、どうして筋肉痛は起こるのでしょう。実は、筋肉痛の原因についてははっきりと解明しているものではなく、諸説ある内2つの説が有力であると言われています。

まず一つ目は、乳酸という物質が筋肉に蓄積して起こるという説。二つ目に、筋肉そのものに小さな傷が付いたり、炎症を起こしたりしているという説。

しかし、普通に暮らしている私達には、その原因よりも、どうすれば筋肉痛を和らげることができるのかということが最も重要です。では、どうすれば筋肉痛を和らげることができるのかというと、それは筋肉痛が発生する前、つまり運動前に準備をしておく必要があります。

よく、年齢を重ねると、筋肉痛が数日後に感じるようになるという話を聞きます。どうして数日後に感じるようになるのか不思議ではありませんか?筋肉というものは、運動時の負荷が大きい場合に強く短く、負荷が小さい場合にじんわりと長く感じやすい傾向にあります。

日常で意識をしなければ自然と、年齢を重ねるごとに運動量が減少していますので、いざ運動を始めると負荷の少ない運動から行うことになり、筋肉の性質通り、数日後に筋肉痛を感じているという状態になるのです。

ここから判ることは、常日頃から体を動かす習慣をつけておくことや、中川式ストレッチングベンチが効果的である、ということです。しかし、結局は運動をすることになります。ですが、何ということはありません。

ストレッチのような簡単な動作を空いた時間に行えば良いのです。ストレッチを行う場合、いくつかポイントを抑えておくことが大切です。まず、せっかく体をほぐしますので、リラックスして行います。

体が緊張せず、より効果を得ることができるはずです。次に、ストレッチの最中は、呼吸を忘れずに時間をかけて伸ばし、その伸ばす箇所を頭で感じながら行なってください。

意識を集中することも、より効果を得る上で重要なことと言えます。このようにして体の環境を整え、楽しく運動を行なっていきましょう。