急性ストレス障害.com » すべり症の手術後の看護には注意

すべり症の手術後の看護には注意

ほとんどの病気に言えることですが、術後の状態を看護する場合は、特に注意しないといけません。手術自体が成功するにしろ、失敗するにしろやり方を間違えると大変危険な状態になるので、気をつけてください。

基本的にこのような場合のフォローは専門の看護師がするものですが、それでも気をつけておかないといけません。術後は、どのようなトラブルが起きるとも限りません。

ましてや、すべり症の場合は種類にもよりますが、術後が大変重要になります。例えば人工物を体に設置する場合などは、金属アレルギーなどを起こさないか重要になるでしょう。

また、設置した人工物によって体に特殊な拒否反応が出てくると大変危険ですね。このようなことがありますので、気をつけないといけません。

ちなみに、拒否反応などを出している場合は、再手術が必要になります。どのような状態になっているかを報告するのも必要になるので、出来るだけ詳しく説明するとその後の手術を成功しやすいでしょうね。

術後はこのように、危険な状態が在るでしょう。ですが、実は他にも注意すべきところがあるので、気をつけてください。それは、患者の心です。成功したとしても患者は結構不安なものです。

今まで痛みやしびれなどに耐えてきたのですから、今後同じ様な痛みが出ないかが不安になるでしょう。そういった心のケアーも重要でしょう。そして、失敗した時などは時に心のケアーがより重要になりますので十分に気を払ってあげてください。

ちなみに、しっかりと見ていないと何をするかわからないので注意しましょう。すべり症の手術失敗は、最悪足腰が使えなくなるので、心配が結構大きくなるでしょうから注意してください。

術後は、不安になる場合がとても多いです。その時にしっかりと家族で支えていないと心が折れるのでしっかりと看護しましょうね。