急性ストレス障害.com » 腰椎すべり症の保存療法と手術

腰椎すべり症の保存療法と手術

慢性的な腰痛といった症状を持つ腰椎すべり症の治療法としてですが、現在ではすべり症の症状がよほど深刻な状態でなければ手術を必要とすることはありません。

つまり保存療法により痛みを軽減、防止していく処置がとられるのです。ただし、他の病気でも言えることが多いのですが、はっきり言うと腰椎すべり症において一番効果的な治療法は安静にすることです。

痛みやしびれを感じるということはその姿勢・動作が身体に負担をかけている状態であって、痛みはそのサインなのです。ですから身体に負担をかけないように楽な姿勢をとり安静にし、筋肉を休めることで十分すべり症の症状の緩和が期待できます。

しかし、誰もがみな十分に安静にしていられる時間を確保できるとは限らないのが現状です。そのためより人為的にすべり症の症状を緩和するために他の治療法を用いることになります。

例えば温熱療法と言って患部を温め筋肉の緊張した状態をほぐすこと、また電気を流し同じく緊張状態をほぐすといった理学療法が行われることがあります。非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤を処方することで痛みを和らげる薬物療法も用いられることがあります。

症状によってはコルセットなどを用いる装具療法や、腰部のストレッチやリハビリなどにより筋力の強化を行う運動療法も考えられます。基本線はこれらの保存療法となります。

しかし、これらの保存療法ですべり症の改善が期待できないとなると手術治療を施すことを考える必要があります。

手術は一般的には、ずれてしまった骨により神経を圧迫されているならば、その圧迫している部分を取り除く除圧術や、すべっている部分が不安定となっているのでボルトや人工骨、または自身の骨盤などの骨を移植する椎間固定術が処置されます。すべり症は現代人の生活習慣に根付いた病気です。みなさんは大丈夫ですか?