急性ストレス障害.com » 五十肩の薬学的治療

五十肩の薬学的治療

五十肩は主に治療としては、痛みを止める投薬と、リハビリの2種類になります。痛みどめの場合、根治にはなりませんが、患者の負担を大きく取り除くことができます。

ただし、長期に服用することによってあまり効果が無くなることや、胃腸にも大きな負担を発生させてしまうことがあるので注意が必要です。

リハビリの場合、継続して実施しなければ効果を実感できないなどの問題もあるので、早期に診察を受けることを心掛けるようにすることが望ましいといえるでしょう。

種類としては、内服薬と外用薬、注射の3種類にわけることができます。内服薬としては、1日に3回に分けて服用することが多いのですが、これは痛みどめ自体が大きな痛みの原因となっているためにそのような症状を引き起こすことが知られています。

また、外用薬としては、貼付剤を使用しますが、ロキソニンテープなど湿布と同様の症状で張りつけることによって、痛みを大きく緩和することができます。

ただし、このような種類のものは湿布とは違い、消炎鎮痛効果を狙ったものなので、内服薬と同様に胃腸やその他、内臓器官に負担をかけてしまうことになるので、あまり無理のない方法を取らなければなりません。

その他、注射を用いることもありますが、ブロック注射などは、一定期間は効果がありますが、長期化すると、痛みの効果が弱くなってしまうことがあるので、慢性化した五十肩には、一時しのぎにしかならない場合があります。

ドクターによく症状と今後の経過を見てもらいながら行うことが望ましい方法といえます。放置すると、症状がさらに悪化しないように、適切な方法を心掛けるようにすることで、確実な病気の予防にもつながります。

病気に関しては、出来る限り早期に診察を受けることを心掛けるようにすることで、格段と予防にもつながることになるといえます。