急性ストレス障害.com » 東洋医学による健康法

東洋医学による健康法

日本は昔から中国から伝わったいわゆる東洋医学と呼ばれる医療法で、病気を治してきました。明治以降西洋医学が急速に浸透したことにより治療法のメインとして扱われることは少なくなりましたが、それでもその高い効果は未だに病気の治療や身体の調子を整える際に役立っています。

そのバリエーションも豊富で、漢方薬からツボ押しまで方法は多岐に渡ります。そんな東洋医学を利用して調子が悪い身体を治していきましょう。

東洋医学の特徴として挙げられるのが治療そのものの考え方です。現在病院などで使用されている西洋医学は身体の悪いところに直接手を加えることによって健康な状態に戻すという考え方ですが、東洋医学の場合は身体全体のバランスを整えることによって病気を治し、健康な身体を手に入れるという考え方で病気を治していきます。

そのためか東洋医学では外科手術による治療よりもツボの刺激による血行の促進や整体による骨格のゆがみの矯正、漢方薬や生薬などによる滋養強壮効果での抵抗力上昇など自身の治癒力の上昇によって病気を治させることが多いです。

その他にも体内の気をコントロールして病気を治すという、一見するとオカルト的な治療法も存在していたりと、歴史が深いだけあって非常に多くの治療法が考案され、使われ続けています。

これらの治療法は外科手術などよりも身体に掛かる負担が少ないとされているので、西洋医学と東洋医学の療法の治療を行うことで、病気を治すというパターンも珍しくありません。

どんな方法を選択するかは人それぞれなので、両方の特徴を見定めた上で病気の治療や健康な身体を作るために役立ててください。

東洋医学による治療はいたるところで行われており、普通の病院でも薬として漢方薬を処方していますし、個人経営の鍼灸院や整骨院なども日本全国で見られます。

中には個人で行えるような簡単なものもあるので、最近身体の調子が悪いけれど治る気配が無いという方は東洋医学を利用した治療法で健康な身体を取り戻してみませんか?