急性ストレス障害.com » 椎間板ヘルニアの手術と日帰り

椎間板ヘルニアの手術と日帰り

椎間板ヘルニアの手術は現在でも様々な研究がなされており、最近では今までの術法よりも安全かつ短時間で完了させることが出来るレーザー治療や新しい内視鏡手術も考案されています。

レーザーは正式名称「レーザー椎間板減圧術(PLDD法)」と呼ばれ、椎間板ヘルニアの患部となっている髄核にレーザーファイバーを挿入して高圧レーザーを直接髄核に照射します。

これによって髄核を蒸発させて椎間板内の内圧を減少させ、飛び出している髄核を元の位置に戻すことで椎間板ヘルニアを解消させます。

従来の方法と違って身体を切開する必要も無く、麻酔も局部麻酔で済むことから身体への負担が最小限に抑えられ、日帰りで完了させることが可能になりました。

同じように日帰りで椎間板ヘルニアを治すことのできる方法のひとつとして挙げられるのが新しい内視鏡手術です。「PED法」と呼ばれるこの方法は従来のやり方の半分以下の切開で治療することができ、日帰りで完了することが可能です。

なぜこれほどまで身体の負担を減らすことが出来たのかというと、内視鏡を入れる箇所の違いにあります。従来の方法だと背骨の真上から切開する必要があったのですが、PED法は背中の斜め上から切開することで筋肉組織の損傷を最小限に抑えることができ、日帰りが可能になったのです。

これらの治療法は身体の負担を最小限に抑え、その日のうちに終えることが出来るという大きな利点がありますがいくつか欠点も存在します。

二つに共通している欠点は最新治療のため保険が適用されていないという点です。そのため費用が非常に掛かるのでどのくらい掛かるか確認しておいたほうが良いでしょう。

また、最新治療のために行われている病院自体が少なく、特にPED法は安心して執刀できるといわれている病院は日本国内でわずか6件しかないとも言われています。

こうしたデメリットはありますが利用してみたいという方は治療を行っている病院を調べてみてはいかがでしょうか。