急性ストレス障害.com » 車椅子に適した家にする

車椅子に適した家にする

車いすに乗ることで、立っていたときより行動範囲が低くなってしまいます。今まで何でもなかったドアノブの位置やカウンターやダイニングの高さなどに支障が出ます。

何をするにも見上げてしまう状態でドアなどは、少し腰を浮かせなくては無理な状況。そんな車いす生活の手助けに、幅が狭いところでも設置でいる折れ戸式のドアがメーカーで作られています。

折れ戸なので手で押せば簡単に開け閉めできるのでとっても便利です。車いすの人に合わせてノブの位置を変えれば簡単といわれる方もいますがノブを低くして簡単に開けれるようになっても、他の人たちがとても不便な生活になってしまいます。

それでは、バリアフリーとはいえません。バリアフリーは、誰にでも安心して暮らせるやさしい環境作りという意味なので誰かが不便な生活になるのでは意味がありません。

そして、通常の開き戸では、車いすとの幅で出入りがとっても不便なのです。室内側に空くようにしても車いすで入るとドアが閉めれませんし廊下側に空くようにすると車椅子にドアが当たってしまい明けれません。

限られたスペースの中でいかに生活しやすくするかが車椅子生活者との生活になによりも欠かせないことだと私は考えます。